オンラインセミナー

受付締切間近のイベント・オンラインセミナー

 

5/18 (金) 〜22 (火) は研修のためお休みとなります。

この期間中の受付・お問い合わせの返信も5/22以降となります。

 

現在、受付締切間際のものは

 

 

オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

昼の部・夜の部とも5/25締切です。

 

 

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

5/25締切です。開催予定です。ランチの予約上早目締切となります。

 

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

6/3の回は5/30締切りです。

6/10の回は開催決定なので、間際の申し込みも可能です。

カメラオフで聞くだけの受講になります。

 

 

夏から星と植物のアーキタイプのオンラインクラスを考え中ですが、

ただ、知識をそのまま伝えるようなものというよりは

受けた方の中でテーマとなる象徴を活性化するような・・そういう内容にしたいと思っています。

今のところ10回で、単発受講可能にしますが、連続受講だとお得になる設定にします。

その前にプレセミナーもやります。

 

あと、フラワーエッセンスによる夏のセルフケアは7月になりそうです。

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

【東京】6/23植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜

【東京】6/23〜25個人セッション

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪

アストロロジー・心理占星学

牡牛座〜内にある金星体験を深め、表現していく〜

 

本日、天王星が牡牛座入りし、これから7年間ほど滞在します。

天王星が牡羊座に入っていた7年間は

私自身、火と活動宮のサインに何もないので、

個人的には影響受けた感はないのですが、

トランスサタニアンは集団的な意識にとくに作用していくので

大きくみてみると流れの変化はかなりあったのではないかと思います。

 

英国のアストロロジャーであるダービー・コステロさんのセミナーの告知文で

「牡羊座に天王星が入ったときに私たちの火星のエネルギーの覚醒を経験し、活発になりました。

火星のエネルギーを表現できなかった人々は、落ち込んだり、無力に怒ったりしました。

そして、新たに天王星が牡牛座に入ることで金星が目を覚ますのを期待することができます。」

 

というようなことを書かれてあり

(英語を翻訳サイトで訳したのでその通りの文章ではないです)

これからの7年間で個人の中で見ていくものとして、

 

内にある金星の体験を深め、表現していく

 

というテーマが浮かび上がります。

 

牡牛座のもつ金星は体感的なものです。

肉体や五感で感じるここちよさ

芸術的なセンスの発展

自分が持つ独自の才能の活性化

自分の持ち物をここちよくする

自分の中にある楽しむ感覚やときめき

 

そういったものに目を向けていくと

牡牛座の持っている「わたしのもの」という領域はぐぐーっと広がっていくかもしれないです。

 

実はこのあいだ本屋さんで見かけて買った本があります。

 

こんまりさんこと近藤麻理恵さんの「人生がときめく魔法の片づけノート」です (笑)

こんまりさんブームのときにちょっと遠くからへーーっという感じで眺めていたのですけど

彼女の姿勢はかなり徹底していてなるほどーになり、

一番最新刊であるこの本はドリルになってて、

この順番で片付けをおこなったらいいようになってたので

買ってみました。

 

彼女のときめきを目安に物とつきあうという姿勢や

お片付けして、自分にとってときめくものだけに囲まれて暮らすという視点は

なんとなく牡牛座的です。

 

別に牡牛座を意識してなかったけど、このドリルをやろうと購入したのも天体の影響でしょうか。

 

このドリル最初の章は理想の暮らし方を具体的に書き込んだり、

イメージを貼り付けたりするページがあります。

 

片づけをする順番ややることが具体的に書いてありますが、

これを全部やるにはそこそこ私には時間がかかりそうです。

さすがに7年もはかからないとは思うけど (笑・かかったりして)

牡牛座新月を機に始めるにはよさそうです。

 

最近買った本って

哺乳動物の観察ガイドと野菜料理の本とこれなんですけど。

どれをとっても牡牛座的かも・・。

(料理とか食べることも牡牛座の領域)

 

食べることって基本なので、自分が美味しい、体が喜ぶと思う基準で食を見直す

のもいいと思います。

社会的にも農業、食関係の分野での改革というか、新しい波がありそうですね。

 

あと自分が持つ独自の才能の活性化というのは

牡牛座は自分の持ち物をあらわし、

自分がもともと持っているものを活かします。

なので、仕事などの面でこれから自分の持つ特性を考えて

より引き出していくということも天王星によって刺激されてくるかもしれません。

すでに自分が自覚しているものかもしれないし、

自分にはないと思っていたものが実はあって、それを引き出していくことも含まれます。

多くは自分が持っているものを使いきれずに人生が終わっていくでしょうから。

それを知るには何かを習わないとわからないです。

 

音楽を習わないと自分にそういう才能があったのだと気づかないし、

絵を描かないとそれが描けることもわかりません。

 

やりたいなと思うことがあれば、習いにいったり、やってみることですね。

 

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

【東京】6/23植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜

【東京】6/23〜25個人セッション

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

ハーブ・薬草

山の恵みを受け取る

 

昨日、以前高松で観察会に出かけた場所に行ったらどこもかしこも

ニワゼキショウが群生していました。

来年、エッセンスを作れそう・・。

しかし、草がぼうぼうなので、蚊がけっこういるのが難点。

 

ニワゼキショウは一日花です。ちょっと見逃していましたが、

上の写真をみると右の方の花びらがくるくるしているのがわかりますか?

夕方になるとしぼむのですが、風車のようにくるくるするのが面白いです。

花の色も紫系と白系があります。

両方同じくらいでありました。

あやめ科の植物で、帰化植物として入ってきているのですけど

ここ数年のほうがずっと増えているように感じます。

 

 

ここでお知らせ。

6/23の東京での植物観察会「植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜」

は残席1名になってしまったのですが、定員を増やすことにしました。

前回も結局9名様になっていたので、定員10名に。

なのであと3名様受付します。

 

 

昨日はクサイチゴの様子を見たり、ヘビイチゴの実を採取したりしました。

先日、ふと何年も本棚に眠っている本を取り出しました。

 

「山の幸 山菜・木の実・きのこ」という山と渓谷社から出ている本。

これ、おそらく相当昔、まだこの仕事をしていないときに買ったものです。

しかし、カラー写真が豊富でなかなかいい本です。

 

飛騨でニリンソウを見かけて、「おひたしにするといい」という話をしておりましたが、

ニリンソウはキンポウゲ科で、毒はないのだろうか?

と思っていたところ、この本に書いてました。

『キンポウゲ科で食べられるのはニリンソウ、リュウキンカ、バイカモだけと覚えておいてほしい』

と。

ニリンソウは若い芽ではなく、葉が展開して蕾がほころびはじめた頃のものが旬と。

花を確認して採取するのがいいと思います。

キンポウゲ科のトリカブトの葉っぱと間違えたら大変ですから。

おひたし、あえもの、汁の実、卵とじなどいけるそう。

 

 

映画「この世界の片隅に」の中で戦時下の食糧がないころに

主人公が野草でメニューのレパートリーを増やしていましたね。

しかし、今日その辺の野草はもしかしたら除草剤がかかっている土壌のものかもしれないし、

地域によっては放射能物質が微量に含まれているかもしれません。

野草はかなりアクがあったりするので、土壌に含まれる成分をけっこう取り入れていることが多いです。

 

お庭などに生えているものが比較的安全かもですね。

 

葉っぱの採取はとにかく毒草と間違えないこと。

こういう被害は毎年あるようです。

 

というのでなかなか慎重になってしまいます。

 

先日の飛騨でやはりたくさん咲いていたウワミズザクラ。

これは奈良で撮った写真ですけど。

 

別名がこの本によると杏仁子。

実は6〜7月 

青い実の状態で取るものは塩漬けに、秋に赤くなった実は果実酒にするそうです。

そのまま食べるには赤い実は苦すぎるようです。

 

山の中でみかけたズミの花 (写真撮っていないのです) はリンゴ属なので

花がリンゴによく似ています。

酸味が強く、やはり生食はできないけれど、実を果実酒にすることはできるそう。

 

昨日、採取したヘビイチゴの実はウォッカに漬け込んで

虫刺されのかゆみ止め用にします。

 

山や自然からの恵みは本当に私たちの生活を豊かにします。

いただくときは感謝して、すべて取ってしまわずにいくらか残し、

また採取するときは採取してもいいかお尋ねしてからいただいてくださいね。

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

【東京】6/23植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜

【東京】6/23〜25個人セッション

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

フラワーエッセンス

フラワーエッセンスは自分の扱い次第でエネルギーは変わる

 

フラワーエッセンスは扱いによってそのエネルギーや効果にかかってくることは

私が在籍するスクールでは当たり前のように言われていることですが、

他のフラワーエッセンス関連の書籍などにはほぼ書かれていないので

あまり知られていないことかもと思います。

 

エネルギーは

人がエネルギーの活性化をおこなえば

水やコーヒー、ハーブティーの味さえも変えてしまいます。

 

アロマのブレンドでも同じ敵数でブレンドしても

人によって香りが違うことは

アロマのスクールなどでおこなった人もいるかもしれませんね。

 

細かく言えば、料理とかいろんなものが作った人のエネルギーが加わっていることになります。

 

フラワーエッセンスの場合は、その中にあるエッセンティアといえる花の本質的なエネルギーを

活性化することになりますが、そのときにそれを活性化している人の意識・エネルギーも

関わります。

 

もちろん、最初に作られたフラワーエッセンスそのものも作り手のエネルギーが加わっています。

 

私がセミナー・レッスンの中でエッセンスの活性化について教えることがありますが、

それはただ機械的にボトルをたたくだけでは十分とはいえません。

扱う人間によって、その中にある花そのものを意識することで引き出されます。

 

そのときに扱う人間と花との関係が深いものであればよりパワフルなものになるでしょう。

 

フラワーエッセンス以前に物を扱うということの姿勢について書いてみます。

 

こんまりさんのお片付けの本をはじめて読んだときに

彼女は物への姿勢というものを大切にされているんだなあと感じました。

自分が使ってきていらなくなったものでも感謝を伝えて丁寧にお別れをすると。

物と向き合うなんてあんまり考えたことがなかった人も多いと思います。

 

ともすれば私たちはまわりにあるものを何も考えずに扱っています。

 

スコットランドのスピリチュアル共同体のフィンドホーンというところでは

車や洗濯機などに名前がつけられていて、人のように扱っているということを知り、

私は自分のパソコンだけそんな感じで扱ったりしています。

(毎日使うし、壊れると困るからですが・・(^^;)

 

愛車などある方はすでに特別な思い入れを持ちながら、使っているとは思います。

 

愛情を持って、丁寧に扱うと、そのものへの見方はもちろん変わるし、

生命が宿るように見えてきます。

 

フラワーエッセンスの場合は自分の癒しに関わるような存在なので、

多くの人はお薬のような飲んでさえいれば、なんとかなるという感覚でいるかもしれません。

そのように取っても効果を実感する場合もありますが、

エッセンスを花という生命体として、向き合い、大切に扱いながら服用していくと

食材と丁寧に向き合って作られた滋養のある料理のように

集中して、その過程を見守りながら入れられた一杯の珈琲のように

ただの水でもなんでもなく、魔法がかった特別な液体になるのです。

 

まあ、何がどう違うとは言葉では説明できませんが、

フラワーエッセンスの効果をより引き出すには扱い方が鍵であること。

そのために活性化するときだけでも、花を意識しながら

大切に、丁寧に扱ってみてください。

 

でもこれができるにはフラワーエッセンスのみならず、他のものに対しても

同じように扱っていかないと取ってつけたような感じになるかもしれません。

 

以前、物を散らかしたり、あまり丁寧に扱っていない人は自分に対しても同じ扱いになりがち

というのを読んだことがあるのですけど、

ちょっとそういうのもあるかもしれないですね。

 

毎回、すべてのものを丁寧に扱うことは難しいですけど

自分自身は丁寧に扱いたいものです。

口にするものや体の手入れ、休養など。

自分自身のニーズを叶えることとフラワーエッセンスの扱いは違うものでも

エネルギーが変わるという点では同じではないかと思います。

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

【東京】6/23植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜

【東京】6/23〜25個人セッション

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

フラワーエッセンス塾日程変更

飛騨の研修から戻ったところですが、今月はヒーリングのクラスにも参加予定で、

5/18(金)〜5/22(火)は受付をお休みさせていただきます。

この期間のご予約・お問い合わせは5/22以降に返信させていただきます。

 

今月から予定のフラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶですが、

昼の部の第一回を変更することにしました。

 

昼の部は第一回が5/30(水)、第二回を6/13(水) です。

 

このセミナーは全3回ですが、初心者の方の参加も大丈夫です。

フラワーエッセンスを自分のために選ぶのって難しくないですか?

おそらく、最初のうちは読んだ定義がどれをとってもあてはまる気がする・・とか思いませんか?

 

フラワーエッセンスを自分のために選ぶのにとても難しく感じる・・

選んだものがいつもピンとこない・・

エッセンスの短期使用では効果を感じるけど、長期使用だと自分の取り組みがぶれてくる・・

 

など自由にお困りのことをシェアできる場にしたいと思います。

塾なので、参加者の理解やレベル、ペースにあわせて進めていきます。

オンラインでおこなうので、どこにいても参加できます。

カメラはオフにしても大丈夫です。

昼の部、夜の部ご都合のよいほうでお選びください。

日程があわない方は第一回は録画受講は可能で、その他は昼か夜の振替ができます。

 

過去に私のフラワーエッセンス個人レッスンを受けた方は割引価格で受講できます。

また、振込の他、クレジットカード決済も可能です。

 

1週間前の時点で参加者が2名以下の場合は開催中止になる可能性があります。

 

 

あと、日程が近いイベントでは5/31の小豆島でのオリーブの花とハーブガーデンの植物観察会

まだ受付可能です。

オリーブの花は今年はちょっと早いかもしれませんが、いろいろな品種があるので

まだまだ花は見られると思います。

 

 

夏からは希望やお問い合わせなどいただいている星と植物のアーキタイプから

私たちの内面をみていくオンラインセミナーを企画しています。

お楽しみに♪

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

【東京】6/23植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜

【東京】6/23〜25個人セッション

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

植物・自然とシンボリズム

5月の森で

 

飛騨研修から戻りました。

立夏も過ぎて、みかんの花の甘い香りがあちこちで香っていますね。

 

最初にお知らせですが、

6/23予定の東京での植物観察会「植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物」

残席が2名様になりました

希望の方はどうぞお早目に申し込みくださいませ。

 

飛騨の山は高松よりも一カ月くらい遅い花暦で、スミレやカキドオシの花が盛りでした。

 

新緑のみどりがとても気持ちよく、研修中の空き時間には森の散策がなにより楽しみでした。

 

クロモジのお花。フレッシュな葉っぱで入れたクロモジのお茶はとても美味しかったです♪

 

シソ科のカキドオシの花。薬草茶にもなるんですよね。

オオウバユリの若葉もたくさん出ていました。

 

今回うれしかったことは、はじめてニホンカモシカに会えたこと。

これまで他の方から会ったという情報を聞いてはいたけど、

どうも昼間では会えないらしくて、早朝に森に行くことがポイントのようでした。

しかし、もともと朝起きるのが苦手な上に、研修中はたいてい寝るのが遅く

もともと寝るのが遅いほうだから、朝早く起きるために早く寝ても眠れないから

頑張って早起きしました。

 

早朝、友達といっしょに出かけて、山を登っていくと

わりと早くに何か音がして、山羊のような「メエ〜〜」という声がしました。

 

それで見てみると居ました! !

 

 

お互いにじーーーっと見つめ合い。

カモシカはシカとついてますが、ウシ科になるので

俊敏にすぐ逃げていくような様子はありませんでした。

 

しばらく見つめ合ってて、山に登り、帰るときにも同じ場所に腰をすえておりました。

ふわっふわっのまだ冬毛があるようです。

森林の葉っぱがまだ出始めだからこそ、見つけることができると思われます。

夏だったら茂りすぎてて、わからないかも。

 

カメラのズームでアップしたのをさらに拡大した写真。

角がちゃんと確認できます。

全然警戒することなく、くつろいで、かなり遠く離れていましたが、

のんびりしておりました。

 

翌日は出かけなかったけれど、出かけた友達の話では

親子でいたそうで、この子は子供らしいです。

 

よく調べるとカモシカは単独行動するようで、

子供を産むと、母親と子どもだけで行動するそう。

ウィキペディアによると幼獣は生後1年は母親といっしょに過ごすということです。

父親は子育てに関与しないよう。

とするとこの子はまだ一年未満?

けっこう大きそうですが、親離れの直前かもしれません。

5-6月が出産期と書いてあったので。

 

ニホンカモシカってずっとシカと同じような感じかと思っていました。

 

はじめてマジマジと見てとても好きになりました(*´▽`*)

 

岐阜県はわりとカモシカは多いようで、駆除の対象になっているとか。

そんなことにはならないようにまた次に行くときにも会えたらなと思います。

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

【東京】6/23植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜

【東京】6/23〜25個人セッション

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

自己実現・自己成長

BeingとDoing 内面の在り方が豊かさをつくること

しばらく前にツイッターで見かけた占い師のしいたけさんとマインドフルネスの先生の対話を読んで

DoingとBeingのことが書かれてありました。

これはコーチングとかでよく使われるようですが、

Doingは行動・やり方で

Beingは存在・あり方

ということです。

 

いつも夢分析に通っているユング派の先生と話していても

ユング研究所で学ぶヨーロッパの人たちは学びながら、出産や子育てしている人が

ごろごろいて、何年もかかって人生経験を深めながら、資格を取られる方が多いけど

日本人はいかに最短で資格を取るかに重要視されていると。

 

(ところで、私はいつも分析に行って、自分の夢や自分のことについて話してはいるのだけど、

けっこう先生と女性の在り方とか映画の中の象徴の話とか、西洋と日本の話、おとぎ話のこととか

進化の話とかあれこれ話してることも多いのです(^^;)

 

先生も途中で結婚、出産などかなりブランクがありながら、

再度留学されて時間をかけて資格を取得されたみたいで

むしろ、資格を取ることが目的というよりは学びたかったからということでもあり。

 

そんなにヨーロッパのことは私は詳しくはないけれど

あちらは時間の感覚がとてもゆったりしていて、

学びに関しては純粋に学び、それを経験として深め、さらに人生の中で知を深めていく

という時間をかけておこなえる文化だと思います。

それはむしろ、学びよりも生き方かもしれません。

 

 

日本の状態を見ていると

いかに最短でたくさん生産性をあげるか (収入を増やすか) の方向に

重きを置かれていて、確かに重要なことだとは思うけど

それはこころを豊かにするものなのだろうか、たましいが喜んでいくものなのだろうか

とも思います。

 

つまり、それがDoingの姿勢ですね。

ゴールに向かって次々こなしていくこと。

スピーディーで大量にということなので、

セラピーもひとつ何か受けて、とくにわからなかったら

次にいくというのを繰り返すとか

たまたま読んだ婚活漫画にもこのDoingとBeingについて書いてあって、

一人が条件あってなかったら、さっさと次々会っていくことによって

さらにわからなくなってくるみたいな。

 

何かを学んでいる人も随分たくさんいますが、

とにかく、あらゆる講座やイベント、勉強会に出まくっていて、

インプットが多すぎて、消化できているのかしらと思うこともあります。

 

そこにはひとつの経験について感じたり、味わったり、十分にそこにいることが

できない状態なのではないかと思います。

 

すると未消化のまま、次々とこなすだけになります。

 

日本人の旅行のパターンもそうですね。

ヨーロッパにいくと8か国まわるとか、たとえひとつの国といっても

観光地のひとつにほんのちょっとしかいなくて、すぐにバスで出発して

ちょっとずつをたくさん見て回ることが多いですね。

 

そもそもの日本人はそうではなかっただろうと思います。

ワビサビを味わえるのですから。

 

ここ数年の日本はますますDoing方向に加速しているようにも思ったりします。

 

Doingが必要なこともあるとは思うのです。

ゴール設定がなければ方向がわかりずらいというわけですし。

行動しないと婚活でも出会いはありませんから。

 

しかし、Beingの姿勢はその人の在り方ですから

揺らがないし、内面を豊かにすることもできます。

 

心理療法や長期でのフラワーエッセンス療法などは

問題解決という目的があるかもしれないけど、

基本的には、内面の変容、自分の在り方についてずっと見ていくものです。

 

それは対談の中でも書かれてあったけど、ゴールはありません。

本来たましいの成長や変容にはここで終わりというのはないです。

 

ただ、自分の在り方が変化することは

外的に悩んでいたことの見え方や捉え方が変わることになるので、

当初、問題と思っていたことがなくなるということはあります。

 

フラワーエッセンスの働き方も実はそれと同じです。

 

実際に内的な取り組みをおこなうのは時間がかかることです。

 

植物観察ひとつにしても、「こんなことをして、フラワーエッセンスの仕事に役立つのか?」

くらいに思う人もひょっとしていらっしゃるかもしれませんが、

自然の植物を使って仕事をするのに、自然のリズムで自分がいられないのなら

実際仕事にすることは難しいはずです。

 

 

そのあたり、効率のよさも必要だけどうまくバランスを取っていけるといいですね。

 

もしも、生きづらさを感じていて、こうならなければという思いがあれば

その前に自分はどうありたいのかを考えてみるといいと思います。

 

具体例として

結婚したい

仕事で成功したい

 

そのために何をやるべきかではなく、

それは自分がどういう状態でありたいのかを掘り下げてみるなど。

 

よくわからない方はセッションにいらしてください(*^-^*)

 

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

【東京】6/23植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜

【東京】6/23〜25個人セッション

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

 

 

 

・・女性のウツ・気分障害

女性のウツ、不安に使える精油

うちにあるコモンセージの蕾がつきました。

セージの花ってすごく面白いのでいつもじーーーっと眺めてしまうんですよね。

 

セージの花はFESでもフラワーエッセンスになっています。

ハーブとしては葉っぱをよく肉料理の臭みを消すのに使ったりもしますが、

ドライにして薬草茶にしても美味しいです。

特に、更年期症状のひとつであるほてりなど感じる女性は

それをさましてくれる働きがあり、根っこには瘀血をとって血行をよくする働きもあります。

 

リーフティーは喉の痛みをやわらげる働きもあるので、チンキにして使ってもよし。

生葉からの香りもスッキリします。

 

さて、昨日お知らせしたように

5月は女性のホルモンバランスを調えること、ウツや不安をバランスさせることをテーマにします。

 

春は寒暖差があったり、ストレスを感じやすい時期なので、

自律神経の働きが乱れ、ホルモンバランスも崩れやすくなっています。

 

そこで5月限りの特典を用意しました!

 

前日までのご予約で、高松セッションルームでの

90分のアロマヒーリングトリートメントをご予約の方には

15mlサイズのフラワーエッセンス服用ボトルをプレゼントします♪

女性ホルモンのバランスを取ったり、ウツや不安のために使うものになります。

 

トリートメントのタイミングとしては排卵時〜生理までまたは生理から5日目くらいが

おススメです。

花の精油など中心に選び、カレンデュラ、マグワート、セントジョンズワートオイルなど

浸出オイルも使うこともあります。

最後にはその方にあわせてフラワーエッセンスのハンズオンヒーリングをおこないます。

プレゼントになるエッセンスも同じものを持ち帰っていただき、

自宅でもしばらく持続できるように服用していただくとさらに花の助けを借りることができます。

 

 

PMS症状がひどい方

生理不順、生理痛がある方

更年期症状がある方

ウツや不安症状がある方

はぜひいらしてください。

 

5月は9日、13日、23日、27日は当日のご予約も可能になっております。

その日になってからご予約したい方はどうぞご利用ください。

 

詳細はコチラ

 

その他の場合でも

5月中であれば、15mlサイズのフラワーエッセンス服用ボトル 500円

10mlサイズの香りのロールオンボトル 1,200円

をお作りすることができます。

これはオプションなので、

アロマトリートメントかフラワーエッセンスカウンセリングを受けた方に限ります。

 

香りのロールオンは手首やお腹などに塗って、精油の力によって

こころの不安やウツ気分を変える働きがあります。

個人の状態にあわせてブレンドいたします。

 

抗うつや抗不安に働く成分としてゲラニオールというのがあるのですが、

花ではないけれど枝葉から抽出された日本の精油ニオイコブシなどオススメです。

なかなか高額な精油ですが、花のような香りがして、

日本人にはなじみやすいと思います。

 

他には

クラリセージ、ジャスミン、ローズ、ネロリ、イランイラン、ベルガモット、ゼラニウムなど

ウツっぽさを緩和してくれます。

これらの精油はわりと濃厚なので、ほんの少量使うのがポイントです。

効果は十分にあります。

 

私もウツっぽい時期があり、精油の助けを借りていましたが、

個人的にはやはりローズでしょうかね。

 

 

ショックなことがあったりで、落ち込み気味の方にはそれよりも

メリッサやフランキンセンス、ネロリなどのほうが寄り添う感じがあるかもしれません。

 

香りを感じるのはほんの一瞬なのですが、

嗅覚で感じたものは微細なエネルギー体にも届きます。

 

牡牛座は五感と関連のあるサインで、マッサージのように肉体に直接

ここちよい感覚を届けるものと香りの組み合わせは

この時期、ちょうど天王星の牡牛座への移動もあるし、よいのではないかと思います。

 

ただ、ざっくりウツや不安といってますが、様々な要因があるため、

すぐに回復する場合もあれば、長く続くこともあります。

その場合は何回か継続して、トリートメントやセッションを受けてみることをお勧めします。

 

 

引き続き受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

5月6月のお知らせモロモロ、次の東京でのセッションは6月です。

 

お知らせがたくさんあります!

 

★研修につきお休み期間の対応について

 

まず来週

5/2(水)〜7(月)は研修のためお休みとなります。

この期間のご予約・お問い合わせは5/7以降の返信となります。

 

5月のご予約可能日時カレンダーを更新しました。

 

 

★高松セッションルーム当日予約デーについて

 

5月から高松セッションルームで新規でも当日予約デーを作ることにしました。

昔は9割くらいが当日予約だったくらいアロマを受ける方の当日予約率が高かったんですよね(^^;)

私もそういうことがあるのでわかります。

しかし、私が午前中予約対応できなくなったので、前日までの予約に現在はなっています。

でも、月に数回なら可能なので、その日のみ、当日予約対応をすることにしました。

 

アストロロジーを除く、アロマヒーリングトリートメント、高齢者のためのアロマトリートメント

フラワーエッセンスカウンセリングが対象となります。

 

当日予約デーには朝ツイッター@uchinaruniwaにて告知します。

その日の13時まで、電話、ツイッターDM、FBメッセージ、予約フォームにて対応します。

お仕事カレンダーにはクローバーマークがついている日が当日予約デーです。

 

5月の当日予約デーと詳細についてはコチラをどうぞ。

アロマトリートメントは5月のテーマとして「ホルモン安定・抗うつ、抗不安」ということで

トリートメントをします。これについては別に記事を書きます。

 

 

★東京での個人セッションと植物観察会

 

次回の個人セッション日程は 6/23(土)午後遅め〜6/25(月) になりました。

ご予約・メニューはコチラから

 

そして東京での植物観察会は6/23(土)です。

詳細とご予約は植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物まで。

 

 

★6月は女性のための植物療法・オンラインセミナー

 

それからオンラインセミナー。

6月に女性のための植物療法を単発でおこないます。

 

6/3(日)20時〜21時30分 月経トラブル編

6/10(日)20時〜21時30分 更年期編

 

で、両方参加されますと受講費がお得になっております。

 

詳細とご予約は女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ) まで。

 

 

お知らせばかりですみません。

来週の研修から戻りましたら、もう少し小分けして記事を書きます(^^;)

今日はローズゼラニウムの蒸留をおこないました。

ハーブの勢いがすごいので蒸留やら収穫をやりたいのですけど

また留守にするので、間に合うか・・。

 

こちらも引き続き受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

ゲーテ・シュタイナー的植物観察

4月の植物観察会「植物へのまなざしを育てる〜風のエレメントと植物〜」報告

 

東京から戻りました。

週末は夏のような暑さでしたが、お天気には恵まれました。

4/20が穀雨なので、雨も予想されるなと思っていましたけど

私って実は晴れ女 (香川の人はわりとそういう人が多い。晴天率がもっとも高い県だし)

よく晴れていて、でも風は気持ちいい天気でした。

まさに今回のテーマである風のエレメントがここちよく主張している日でした。

 

この日に見れたものは

 

スクレランサス、スターオブベツレヘム、カリフォルニアポピー

ハニーサックル、ベビーブルーアイズ、カモミール

ヤロー、ワイルドオートの近縁種であるコスズメノチャヒキ、ボラージュ

ツキミソウ (イブニングプリムローズの仲間)

と盛りだくさん。

ナスタチウムやアイリスもあったのですが、説明しきれず。

トチノキやオリーブも見て回りました。

 

参加者は今回多くて、9名様。

時間も今回は長めにとってあり、観察タイムが作れました!

 

お目当てのスクレランサス。見逃しそうな小ささです。

花の大きさを計ったら、2mmくらいでした。

 

観察タイムのときにスクレランサスを観察している参加者の方たち。

こんなにかがまないとよく見れないのです(^^;)

 

カリフォルニアポピー。

 

ヤローは蕾でした。

 

ボラージュ。白い花もありました。

 

オリーブの木陰でランチを食べて、観察タイム後のシェアもここでおこないました。

 

こちらの公園は帰化植物である外国の種のものやハーブ、園芸種も多くあり、

広くないスペースでそこそこフラワーエッセンスになっている花が見られるのが便利です。

群生している野生の状態を見たければ、探さないといけないですけどね。

 

夏に (7月と話していましたが、6月になりそうです)おこなう観察会もこちらでおこなう予定です。

 

夏に向けてスタンバイ中の方々。

ビロードモウズイカ (ミュレイン)、ブラックアイドスーザン、チコリ。

 

他にもヒロハノレンリソウ (FESのスイートピーと同じ)、ノラニンジン (FESのクイーンアンズレースと同じ)

エケネイシャも見られます。

 

次回の日程が決まり次第、告知しますね。

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ