アストロロジー・心理占星学

宇宙の視点から見るヘリオセントリック占星術

 

ヘリオセントリック占星術というのは松村潔さんの本を知るまでは

知らなかったのですが、

海外ではすでにあったもので、astro.comのサイトでも

すでにヘリオセントリックチャートが作れるようになっています。

 

ジェームズ・R・ルイスの「占星術百科」によると

ヘリオセントリック占星術の誕生には2つの要素があったということです。

 

・太陽黒点の活動と惑星間の角度(アスペクト)との関連性が科学者によって発見されたこと

・パソコンが広く普及し、計算が楽になったこと。

 

ヘリオセントリック占星術の手法でNASAの科学者が

太陽黒点活動の活発化を予測するのに使用した

と書いてありました。

 

松村さんが書かれたヘリオに関しての本は基本的に3冊出ています。

実は私は最初、他のことを理解するのにヘリオのことを知らないとと

思い「三次元占星術」を買ったのですが、

・・よくわからん・・。

で、次に「ヘリオセントリック占星術」を。

なぜ、松村さんがいま、この占星術をおこなうようになったかの経緯など

詳しく書かれています。それはよくわかるけど、

どう見るの?それぞれの意味は?というのがいまひとつわからない・・。

 

で、女子学生でもわかるようにと頼まれて書いたという

「わたしの運命がわかる地球星座占い」を買い求めました。

実はこの本、2年前に角川書店から出された本なのに

在庫がどこにもないのです。

アマゾンのマーケットプレイスでは定価以上の価格でしか売られていません。

角川のネットショップにもありませんでした。

古本サイトも見てみたけど、在庫なく。

おそらく新しめの本であるため、店頭在庫はまだどこかにはあると思います。

一応、高松の書店にも行ってみたけどなかったので

しかたなく、価格少し高めの古本を購入しました。

書店で見つけられたら買っておくとよいかと。

この本がまた、滝涙並みにわかりやすい!!ので驚きました。さすがです。

ただ、この本一冊ではすべてじゃないし、やはり上記3冊は必要な感じがします。

 

で、この地球星座占いの本をベースに少し説明を。

 

従来の占星術はジオセントリック占星術といいます。

私がいる地球が中心で、天動説に基づきホロスコープを作ります。

 

一方のヘリオセントリック占星術

地動説に基づき、太陽が中心となってホロスコープを作ります。

ですから、チャートの中に太陽はなく、地球ポイントができます。

 

意味としての使い分けでは

ジオはこの地球に根付いて生きるための地図 地球から太陽を見ている。

ヘリオは反対に太陽から地球を見ている視点なので、宇宙の視点からこの地球で何をやっていくのか

というたましいの目的を知るための地図

という感じでしょうか?

 

松村さんの本ではジオのみでは個人を中心としたものになり、限界があると言われています。

 

そもそも2011年に天王星が牡羊座に移動し、

大きく揺さぶられたことにより、上にあるものを下におろす、

上と下を調整するということを松村さんは受け取ったようで

ヘリオの視点の必要性を感じたようです。

 

青写真にそって生きているような人はおそらく、ヘリオチャートのほうで生きているとも

言えるようです。そうするとジオのチャートにはあてはまらなくなったりするようです。

かといって、ジオは必要ないのかというとそういうわけではなく、

チャクラとの関連にも本では触れていて、1から3がジオのチャートで下 (地球) から上 (宇宙) に

4から7がヘリオのチャートで上から下にという図はとてもわかりやすいです。

 

つまり、ジオセントリック、1から3チャクラでの働きが整っていないと

ヘリオはまったく使えないともいえるかもしれません。

 

天才と呼ばれるような人はわりとヘリオ的な生き方を早くからしているそうです。

ヘリオセントリックのチャートを出してもまるでピンとこない人は

まずジオの部分 (人間関係や感情、社会への適応) を十分に生きていないか、

受け身的な人生を送っているか

かもしれません。

そういう方はいきなりヘリオのほうを読むことを松村さんも勧めてはいません。

 

私にはこの理論がなんとなく、

太陽法と煮沸法のことをジュリアン・バーナードさんが説明していることにも

似ているなと思ったりします。

 

これについてはいろいろ意見があるかもしれません。

エドワード・バックはなぜ、煮沸法でフラワーレメディーを作ることになったのか?

ただ、太陽が出てないからなのか?

ではなぜ、晴れているときに煮沸法をやる必要があるのか?

煮沸法で作ったものもあれば、同じ時期で太陽法のものもあるのはなぜか?

 

ヒーリング・ハーブ社のジュリアン・バーナードさんは

太陽法は上から下に火のエネルギーが運ばれ、

煮沸法は下から上に運ばれると言われています。

煮沸法の下から上にの意味は

「上に昇る魂の道筋と、魂が戻っていくための人生の学びに関わるさまざまな経験を表しています」

ということです。

※「バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき」ジュリアン・バーナード

198p

 

いずれにしろ、多くの法則として

上から下の流れと下から上への流れというのは陰陽のように対になるものです。

 

 

チャクラでの上位チャクラと下位チャクラもともにバランスが取れていないと

人間としては偏りが出てきます。

 

この考えがヘリオへの興味を大きくしていきました。

 

とりあえず地球ポイントの出し方は簡単です。

自分のホロスコープの太陽のサインと180度反対のサインの度数になります。

他の天体に関してはastro.com

「出生データによる、さらなるチャート選択」

オプションの「太陽中心の獣帯」を選択して出せばいいです。

 

松村さんの「三次元占星術」ではヘリオでは恒星の力も関わるとして

恒星の一覧も出ています。

それもかなり面白いのですが、恒星の実感はまだ全然ないので

よくわからないです。

でもここのところ、ずっと松村塾を聞いたり、ハーモニック出したり

いろいろしていて、年表も作ったし

自分がこの人生であるいはこの地球でおこなうべき役割のようなものを

考えていて、大きな視点から自分を見ていくということは

やってみて損はないと思います。

むしろ、やったほうがいい。

大きな視点は実感はないかもしれないけれど、

過去の経験を違う視点から見るヒントになります。

 

わたしたちはそんなに小さなものではないということが

なんとなく、感じてくるかもしれません。

 

ここではヘリオチャートの見方をというよりも

この宇宙からの視点も必要だということを伝えたかっただけです。

もっとも目の前にある悩みに頭を悩ませているときには

そんなことはまったく考えられないかもしれません。

チャートを見るときにも

そういう悩みから解放されるにはどうしたらいいのかというところから見ていくでしょう。

しかし、結局はそんな悩みや自分が過去からずっとやってきていることは

この地球での役目につながっているとも言えます。

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

・・手作り石鹸情報

【手作り石鹸】パームオイルフリー3チャクラ石鹸

3チャクラの石鹸ができました。

 

★3チャクラ石鹸

 

オリーブオイル

ココナッツオイル

ヒマシオイル

レモンマートルエキス

ウコンパウダー

精油 レモングラス、ライム

フラワーエッセンス キンポウゲ

 

ウコンを入れたものの、レモンマートルエキスで色が濁ったので

あまり黄色っぽさが出ていませんが・・。

私が作ったキンポウゲのフラワーエッセンスが入っています。

これはリサーチにはしていません。

石鹸で何か感じるようなことがあるかどうかわかりませんが、

使用感など使った方で感じられたら教えてください。

 

香りがとても爽やかです♪

 

希望の方は名前、住所、希望の石鹸と個数をお知らせください。

コチラのメールまでもしくはお問い合わせメールからどうぞ。

 

 

※この石鹸はチャクラをテーマにして精油やハーブを配合しただけで、

これを使ったからといってチャクラが活性化するというわけではありません。

 

 

4チャクラ石鹸も作ったのですが、色がちょっと失敗で、

グレープシードオイルを使ったものの、すごく酸化しやすいということだったので

量を減らしたら、色が出てこなくて、ヨモギとか入れてみたけど

色的にちょっと失敗( ;∀;)

これはのちにオマケのプレゼント石鹸にすることにします。

今度はアボカドオイルを使って緑をだしてみようと思います。

 

とりあえず、2回目の1チャクラ石鹸を仕込んでいます。

こちらはもう少しお待ちください。

 

寒くなるとまた石鹸作りがうまくできなくなるので

今のうちにと思いつつ、また研修などに出かけるため

中断してしまいますが、

年内に4チャクラと2回目の2チャクラが作れたらいいなと思ってます。

 

 

東京での12月の個人セッションに冬至前後に使うヒーリングミストを作るための

セッションを追加しました。

東京で受けるには単発なので、格安な価格のセッションとなっております。

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

日本の花リサーチプロジェクト

フラワーエッセンスリサーチとお知らせなど

 

写真はルーブル美術館に行ったときのもの。

 

久しぶりにフラワーエッセンスのリサーチをやります。

日本、香川県でみられる花から私が作ったフラワーエッセンスです。

秋は基本的にお天気が不安定で雨が多く、

自分の都合がつく予定となかなかあいにくいため、

なかなかエッセンスが作れません((+_+))

 

なのでひとつのみですが。

 

高松セッションルームまで来られる方は

10/21〜11/1、11/13〜12/6でいらしてください。

参加は無料です。

ついでに他のフラワーエッセンスのリサーチにもご協力いただければうれしいです。

日本の花のフラワーエッセンス・プロジェクトのブログ

お時間的には30分もあれば終わります。

個人セッション、個人レッスンに来られる方はそのときに

おこなうことも可能です。

 

参加したい方はとりあえずお問い合わせフォームからメールください。

 

 

あと11月の前半は研修に行くために少し長いのですが

お休みさせていただきます。

 

11/3(金)〜11/12(日)

 

この期間のご予約・お問い合わせは簡単な返信のみで

正式な返信は11/13以降となります。

東京でのセッションのご予約はこの期間、場所の予約ができないため

遅くなってしまいます。ご了承ください。

 

ご予約など希望される方はお早目にお願いします。

 

 

先に予告ですが、

11/25〜2/4まで毎年おこなっている2018年のわたしという

アストロロジーでの来年の星の動きを読むメニューは

東京での個人セッションでもそうですが、アストロロジーを含むメニューを

受けた方にはもれなく、見ていくことにします。

今回は多角的にサビアンやハーモニックも取り入れつつ見ていく予定。

 

同時並行で先日予告したヒーリングミスト作りも同じ期間おこないます。

冬至の前後に使っていくためのミストとなります。

準備が楽しみです♪

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

ハーブ・薬草

キンモクセイのエキス

 

うちのキンモクセイがかなり開いたので

エキスを作りました。

ウォッカに漬け込んだだけ。

数週間で花を取り出します。

 

先日、咲きはじめのときに蒸留をしたのですけど

熱を加えると香りがだいぶ変わりました。

 

2010年に作ったキンモクセイのエキス (ティンクチャー) は

今も、花の香りがそのままします。

なので、花の香りをそのまま残そうと思うと

アルコール漬けが一番かもしれません。

 

エキスと蒸留水をブレンドしてさらにアルケミー的なミストが作れるかな。

 

キンモクセイのエキスは

香りを楽しむためのミスト作りや

紅茶などに少し落としたり、

お風呂に入れたり(でも花がとても小さいため大量にエキスが作れないから

お風呂に入れるのなら一回分くらいになっちゃうかも)

芳香浴してみたりという感じで使えます。

 

 

秋・冬のためのヒーリングミスト作りを期間限定でやろうかなと思っています。

わずかですが、植物の蒸留水やハーブのエキスもチョイスできるもので

その人にとって主となるテーマで作れるように。

たぶん、11月後半からになると思います。

高松対面のみになりますが。

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

フラワーエッセンスと占星術

水瓶座と植物・フラワーレメディー〜ローカルを越えて〜

松村塾のいま、まだ水瓶座を聞いています(^-^;

(ちなみに蠍座から聞き始めて、牡牛座の後半から途中入会

だから、牡牛座までは聞かないと。)

 

水瓶座の説明のときに反対の獅子座は中心があるけど

水瓶座には中心がない、というお話がありました。

 

あと、横に広がるので同じものがあちこちに広がるという話も。

(スタバみたいな感じかな?)

 

その話は私には植物の話にしか聞えなくて(笑)

 

すぐ思いついたのはセラトー。

 

ジュリアン・バーナードさんの動画説明でも前にセラトーの話の中で

この植物に中心がないことをおっしゃていました。

私もずっと鉢植えで育てていますが、ひとつの株とは思えないくらい

あちこちから枝が下からのびています。

 

この植物はチベットや中国西部が原産ですが、

そんな僻地のようなところで育ったものとは思えないほど

イギリスでも育つし、

日本ではこの気温差の激しい環境の中、まったく虫もつかず、

毎年、たくさんの花を咲かせています。

 

つまり、環境をあまり選ばない植物といえます。

 

水瓶座的な植物というと

これまで私が持っていたイメージは

個性的で、風のエレメントが強いもの

という感じでしたが、

 

「中心がない、横に広がる、場所を選ばない(むしろ、ローカルから遠くへ離れていく)」

 

という特徴もあげられるのではないかと思うようになりました。

 

水瓶座は新しい場所を開拓していく、時代の先端をいく、

より多くの人に広めていく、古いところにとどまらず、自立していく

みたいな要素があります。

 

そう考えると多くの帰化植物はかなり水瓶座的なものを含んでいるかもしれません。

 

以前、マツバウンランを見ていて、

とても水瓶座っぽいなーと思っていました。

(これも帰化植物)

群生して広がっているわりに

それぞれの個体は密集していなくて適度な距離感を保ち、

風によく揺れていて、高速道路脇など非常に乾いた場所を好むあたり。

一応、縦にのびる植物だから中心はあるのですが、

とてもやわらかく、芯が強い感じはまったくしません。

 

少し似たものでバーベインも茎が目立っているわりに

柔軟で、空間を保ち、群生しているところや

定義からも水瓶座っぽさを感じていました。

 

 

ローカルなものというと蟹座や山羊座らしいのですが、

このあたりのサインが強い人は

おそらく子供のころからの友達とのつきあいがずっとあるとか

そういう人が多いかもしれません。

植物でいうと在来種っぽいのかな。

 

 

ところで私は学生のときの友人が一人もいません。

(地元の短大までの間)

ローカルな場ではあまり話が合う人間がいなかったともいえます。

なぜかつきあいがあった友人とも疎遠になりました。

(時代的、場所的にみんな早婚だったからかも)

ほとんどの友人が遠方(10代のころから自分から趣味仲間とつながっていった)で、

手紙かネットでつながりつつ交友しているような感じです。

(私は水瓶座は月だけですが、11ハウスにも天体があるし)

水瓶座が強いタイプの人にとっては

ローカルな場でいることは自分を理解してもらえる人に

なかなか会えないか、気が合う人に会いにくいような感じになりやすいかもしれません。

 

なので、水瓶座的要素が強い方は

すごく広い視点を持って、外に飛び出していくほうが、(今はネットというものがあるし)

人とつながりやすいのではないかと思います。

ローカルな場所で、生きにくさを感じてそこでなんとかしようとするよりも、

自分とつながれる人を自分から探していくのです。

仕事にしても、ローカルよりもネットや遠くでグローバルに仕事をしていくほうが

向いているかも。(仕事の場合、仕事に関するハウスのサインが水瓶座とかそのあたりもみて)

 

 

と植物の話からズレましたが、

セラトーが遠い遠い場所からここまでやってきて

何年も丈夫に生きていることを思うと

この植物を理解する人 (バック医師のこと) が

イギリスにいたことがそもそもセラトーの旅だったんだーと

セラトーの水瓶座的な側面を感じます。

 

セラトーのフラワーレメディーは

エドワード・バックによると「知恵」が長所となっています。

バランスが乱れていると自分の直感に自信がなくて、いろんな人の意見を聞いたり、

人の助言ばかりを優先して、判断力が弱くなってしまいます。

 

『セラトーは、あなたが自分らしい個性を見出す助けとなります。

そして、周りの影響から自由になって、

本来授けられている知恵という素晴らしい贈り物を、

人のために役立てられるよう促してくれます。』

「汝自身を解放せよ」エドワード・バック

「エドワード・バッチ著作集」BABジャパン より。

 

と書かれているように

ローカルでは浮いてしまうかもしれないので、

自分の個性を隠して、まわりにあわせる人にも共通するようにも思います。

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

フラワーエッセンスと占星術

自分の人生の暦をつくる

 

10月は仕事が立て込んでいないけれど

毎日、忙しいです。

 

何が忙しいかというと10月いっぱいで終了となる

松村塾の動画がものすごく大量にあり、

聞いても聞いても終わらず汗

一応、今年いっぱいは見れるらしいけど

今年いっぱいずっと聞きまくってても

間に合うのかというくらいの量です。

(私は途中で入会したので)

 

ということで勉強の月となっています。

 

しかし、これだけ大量に聞いていると

占星術もだいぶわかってきます。

特に松村潔さんのは独自なものがあり、

サビアンとその度数、ハーモニック、ヘリオセントリック

といった視点を同時進行で見られるので

かなり混乱しやすく、

わかりにくいものだったりします。

 

この一年だけ松村さんのオンライン講座がおこなわれ、

そこで学べたのは地方ものとしては

非常に貴重でありがたいことです。

このために松村先生はfacebookをはじめたそうですが、

講座終了とともにやめられるようです。

グループを長期継続というのを好まない松村さんらしい。

 

ハーモニックも長いことよくわかりませんでしたが、

 

自分のをだいたい出して傾向をみていくことで

だいぶ理解してきました。

 

それを知るために

 

自分の年表を作ります。

ハーモニックは自分の中で発達していくものなので、

受け身ではなく、自分からおこなっていくことと関係します。

 

年表には自分の年齢と西暦の他に

主な出来事、社会での主な出来事

それに加えて自分から始めたことや自分が

こうしたいと意識し始めたことを書き込みます。

 

人生というのは波にのまれて、流されるだけではなく、

自分から動くことで変わっていくこともたくさんあります。

だから、自分ではどうすることもできない運命よりも

自分で動くことができるほうに

意識をおいたほうが突破口が開きやすくなります。

 

たとえば私なら

小学4年生のときだと思うのですが、

漫画が大好きで、

ある日、「コミック雑誌を作ろう!」と思い立ち

自分でさらさらと家に山ほどある固い紙で

漫画の雑誌を作りました。

愛読のりぼんをまねて。

漫画を描くだけでなく、雑誌を作ろうと思ったところに

自分の興味が出ているような気がします。

もちろん付録も作ったように思います。

 

こういうのは何かテレビでやってたわけでも

人から言われたわけでもなく、

急に思いついてやったことです。

そしてそれから小学校を卒業までの間

毎日のように漫画を描く日々がはじまり、

クラスでは「ミス漫画家」と呼ばれるほどになりました(笑)

 

まあ、とりあえず自分の中でこれがやりたいと思った年に

記録します。

どこかある場所に行きたいと思ったときが

20歳のときで、実際にその場所に行ったのが23歳なら

最初の衝動は20歳ということですね。

 

ハーモニックでは

私のように9歳とか10歳に漫画を描き始めた

ということがあれば、

9ならその系列の数字18、27、36、45・・と

いう年齢の傾向をみていきます。

実際はこれはハーモニックのチャートを見ながら

照らし合わせるのですが、

私は7と9がわりに強いことがわかりました。

ハーモニックの数字にはそれぞれ意味があるのですけどね。

7はその人が求めてやまないどうしても実現したいと思うテーマ

9はその人の変わらないたましいの本質らしいです。

 

とはいえ、この年表を作ってみて

書き込んでいるとなかなか最初は思い出せないことが多いのです。

何か出来事は思い出せるとしても

自分があれをやろうと思った年はなかなかわからないのです。

たとえば私は昔、よくなぜこの仕事をやろうと思ったのかと

聞かれることがありましたが、

きっかけはハーブの種をもらって、育てたところからでした。

それを仕事にしたいと思ったのはサターンリターンの前くらいだったかと

思いますが、

人生の段階においても、これから何をやっていくのかというのを

常に考えていたというのもあります。

 

で、まとめていくとある数字の系列の年齢に何かあるとわかると

その次におこる年齢もわかります。

その年齢の数字の系列から。

9歳のときに何か行動をおこしていたら

次の18歳に何をしたのか見るのです。

これは自分のホロスコープチャートの進行やトランジットにも

あらわれているかもしれません。

 

しかし、チャートをみなくても

自分の周期がみえてくるのです。

何歳のときに自分からアクションをおこしてきたか

をチェックしてみてください。

全体をみて、目だった年と自分の年齢を探して、

共通のものをみていくとリズムがあります。

 

あのときの種はここまで成長したかと思うところもあります。

ハーモニックでは「発芽」という言葉を使います。

9歳では苦手意識があったものが、18歳で向き合って、

26歳で融合しているとか。

あるいは逆をたどって、今苦手だと思っているところの発端になった年齢をみて

そのあとにそれにまつわる出来事があった年齢をみていくこともできます。

 

ぜひ、年表作ってみてください。お時間あるときに(^-^;

案外いろんなことがわかります。

ちなみに年表作りには私はエバーノートを使いましたが

パソコン上で作るほうが後からの追加とか訂正がしやすく

スマホと同期できるから、スマホ上でもチェックできて便利です。

もちろんノートに書いてもいいよ。

 

私はこの後、ヘリオセントリックの自分のチャートの解読にかかり、

はまっております。

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

自己実現・自己成長

自然のリズムにあわせていく

 

夏のような暑さが戻っています( ;´Д`)

明日からまた急に気温がさがるそうなので、

いまのうちに石鹸を作りました。

 

石鹸は気温がある程度あるほうが作りやすいのです。

かといって気温が高すぎてもだめですが。

 

そのとき、そのとき適した日というのがあります。

雨なら雨で、家の中で集中した作業がしやすくなるし。

晴れていたら、私は野菜を干したりしてましたが

そういう作業ができます。

ふとんも干せるし。

 

人生には自分ではコントロールできないことがあります。

 

運気がよくないと思われるような時期でも

そのときじゃないとできないこともあります。

 

自然界のリズムに同調して生きるというのは

振り回されることではありません。

 

流れに逆らわずに、調整しながら

その流れに乗っていくことだと思います。

 

 

最近は時間や季節に関わらず、

同じことがずっとできるような文明が発達しておりますから

(他の言葉が思いつかなかったから、文明としましたが・笑)

ある程度はコントロールできるのですよね。

 

AIも随分発達して、人間よりもすぐれた働きをするし。

(先日、スシローに随分久しぶりに行ったら

ロボットがいました!)

 

しかし、それって楽しくないよね・・。

予測不可能なことも、

対応していくことで、

本当はリズムに乗っていくのかもしれません。

 

いろんな方が書かれていますが、

木星が蠍座にはいりました。

木星の切り替わりなので、何か変化を感じやすいかな。

蠍座にとくに天体がない人はわかりにくいかもですね。

ちょっとそのあたり注意してみましょう。

 

私は急にベリーダンスをYouTubeみながら踊ってます(笑)

後で思うと、蠍座っぽいかも・・。

 

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

アストロロジー・心理占星学

所属と独立・分離のタイミングをみていく

アストロロジーを見る時って

「会社をやめるべきか、どうか。やめるとしたらいつ?」とか

「このスクールに入ろうかどうか」

「離婚を考えているけど」

「結婚を考えてる」とか

気になるときがあると思います。

 

とあるコミュニティや団体に入るか、やめるかとか。

 

基本、自分のこころの内側に丁寧に聞いていくことだと思います。

 

これから関わるにしても、長くいてやめるにしても

人生が変わっていくことになるし、生活も変わります。

 

アストロロジーが先ではなく、自分の決断が先で。

 

その上でアストロロジーは後押しするものとなります。

 

サインは男性星座と女性星座にわかれており、

風と火が男性星座で意識が外に向かっていく

水と土が女性星座で意識が内に向かっていく

という性質があり、

基本、集団で何かをやるのはその中でやるのだから

女性星座と関わる傾向があります。(すべてがというわけではないです)

それもとくに他者と関わる天秤座以降のサインで。

 

コミュニティや団体、所属をあらわすのは蟹座、山羊座

蠍座は団体ではないけど、所属をあらわします。

射手座も団体的要素はありますが、スポーツや宗教、高等教育という分野。

 

一方、自分ひとりという感じなのは

牡羊座と牡牛座。

双子座も何かに所属するのは苦手だけど、あちこちふらふらしてる感じ。

あと水瓶座は独立性が強くなり、分離していきます。

 

関連するハウスも同じような意味になり、

そうさせられるような感じになります。

 

ちなみに魚座は集団といっても人ではない感じです。

むしろ、見えない集団深層意識ですね。

 

けっこうそれだけでもチャートをみると

一人でやるのが向いているのか、

どこかに所属してやっていくのが向いているのかわかります。

 

何かに入ったり、やめたりというタイミングは

なんとなく、進行(出生のチャートから一日一年法などで天体が進んでいくチャート)

や惑星の年齢域でサインやハウスの切り替わりのときというのが

多いように思われます。

 

ちなみに私は双子座が多く、本来何かに所属するのを

苦手としますが、

今所属しているヒーリングスクールでの長期的学びが始まったのは

進行の太陽が蟹座に突入したあたりです。

それが30年もあるわけで、、ほんと長いです。

 

短い間、何かに所属するような感じなら、進行の月が関わるかもしれません。

 

仕事にしてもあれだけ長くやってたのに、急にやめてしまうという人が

たまにいるのはそんなタイミングであるかもしれません。

 

惑星の年齢域で木星期 (46歳くらいから) に入ると

突然、違うことをやりたくなる場合は

それまでの年齢域の天体は全然違うサインに入っていたということもあります。

 

私は進行にしても、惑星の年齢域にしても

土星の年齢域あたりは今までとまったく違うので

けっこういろいろ変わるかもという予想はしています。

 

とはいえ、これはチャートの配置がこうだからこうすべき

というよりも、自分がどうしたいのかという内面の意識から

そのためにはどの配置をうまく利用すべきか、発達させるべきかと考えるほうが

能動的な使い方だと思います。

 

あと参考になるのは

過去に自分が会社や団体、コミュニティに入った年、やめた年など書き出して

照らし合わせていくことです。

(進行や年齢域でみて)

結婚もコミュニティに入ることに関連するかな。

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

ハーブ・薬草

植物の蒸留に関して思うこと

満月の日に蒸留しようと思っていたのですが、

用事ができてできず、今日、ティートリーを蒸留しました。

 

ちょうど注文していたアロマトピア最新号「蒸留器を究めよう!」

も届いたところで、それを読みながら。

 

うちにあるティートリーの木がわさわさ伸びて、枝が広がっているところを

少し整えるために剪定し、その葉っぱを使用。

しかし、私の蒸留器では多すぎ・・。

 

2時間で約15mlくらい。

まだまだ葉っぱもあるし、後日追加でまたティートリーの蒸留をすることにしたいです。

 

ティートリーのハイドロゾルを作りたいと

うちの親が知らずに買ってきて植えたティートリーの苗を見た時より

思ってたのが実現できて満足♪

 

アロマトピアのほうを読むと

素材によって煮出しする方法と蒸気で蒸す方法など選ぶとか

勉強になります。

バーグ文子先生の「蒸留の歴史」もいろいろ詳しく書かれていて面白いし。

 

最近は家庭用の蒸留器もいろいろ出ているのね。

すごく売れ筋だから、あらたに作る会社もあると思います。

 

そのくらい身近になってきたといえるけど。

 

日本では地域によっては放射能などの影響もあり、

個人責任でおこなうのがよいかと思います。

 

山などで取ってきたものの蒸留に関しては

地域によっては、気を付けたほうがいいかもしれません。

 

家で蒸留したものを飲用や料理に使うという方もいらっしゃると思うので。

茶葉だっていまだに含まれていたりしますから。

 

参考:みんなのデータサイト

 

家の庭で土を自分で選んで育てたものに関しては

だいたい大丈夫かなとも思いますが。

 

気になる方は蒸留水を測定してもらうということもできるかな。

といってもそこまで大量に取れないのでお風呂に入れたり、ミストにしたら

すぐなくなってしまいますね。

 

あと、素材そのものはドライハーブでもいけるようなので

どこかから購入して蒸留することもできます。

 

そのうち沖縄の月桃を購入して蒸留してみたいです♪

ドライのヨモギもいけるかな。

いつも飛騨に行ったときにヨモギを購入してるんだけど。

 

いろいろ夢が広がりますね。

 

アルコール漬けのハーブや薬草たち、

オイル漬けのハーブや薬草たち

もすでにごろごろうちにあるので、

あれこれ使い分けするのが楽しいです!(^^)!

 

アロマトピアにフィンランドのヘンリエッタ・クレスさんの記事があって、

リンデンの花をシチューに入れるとか、

ダンデライオンの花をオムレツに入れるなど書かれてて

素敵やなーと思いました。

 

 

ティートリーの葉っぱほしい方はうちに取りにきてください。

お分けできます。

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

 

フラワーエッセンス療法

フラワーエッセンス療法と変化の期間

ルーン文字の中で、ヤラというシンボルは「一年」をあらわすのだけど、

収穫ということが含まれています。

 

作物を種から育て、4つの季節にまたがり、収穫までのだいたいの期間です。

 

フラワーエッセンスのセッションでもレッスンでも見ていて思うのは

だいたい1年ぐらい続けていると

何らかの変化があらわれています。

以前と比べて視点が変わるというか、

捉え方が変わるというか。

 

とくにその方にとっての本来の性質に近いところで

生きるのが楽になっているような感じです。

 

占星術のサイクルでも一年は太陽が12サインを巡ったくらい、

木星がひとつのサインから次のサインへ移るタイミングでもあります。

 

月のサイクルの28日は

一時的な感情の問題のバランスを取ったり、クリアーにしたり

体調を調えたりというのには適したサイクルですが、

その人の中の根深い問題の解決には短すぎます。

 

3ヶ月〜半年というサイクルは

季節をひとつ越えるくらいのサイクルで

同じサインの新月から満月までの期間でもあります。

(牡羊座の新月は3月か4月で牡羊座の満月は10月頃)

自分の中でおこなう短いプロジェクトが達成するまでの

期間にもなります。

このサイクルで肉体のメンテナンスや何かを変えたいと思う自分のパターンや

行動、思考を変えていくには適しています。

 

 

先ほどの一年はゆっくりペースで無理なく

自分のパターンを変えていきたいとか

内面の変容を望んでいる人には適しています。

 

その次が2年半〜3年で

これはプログレスの月がひとつのサインを通過するまでの期間であり、

トランシットの土星がひとつのサインを通過するくらいの期間です。

火星が巡るのもこのくらい。

これは一年で取り組んだことをさらに無意識の領域までたどり、

成熟させていくのに適しているかと思います。

このくらいの期間になると途中にかなりしんどい感じもありますが、

達成感があると思います。

もちろん、短いサイクルでも個人によってかなりしんどさはあるでしょう。

セラピストとクライエントとの関わりでも一年くらいだと

まだまだ深まらないことも多く、信頼関係を作るのにこのくらいかかるのも

珍しくありません。

関係性の器をベースに無意識の領域まで見ていくにはもっと年月が必要だったりもします。

 

7年周期くらいでトランシットの土星が90度サイクル

プログレスの月がひとつのアングルから次のアングルに移るくらいのペース

(ICからDSCとかDSCからMCまでの間など)になることもあり、

7年というのもよく言われています。

期間的には長いけど、取り組み方がゆるやかな人はわりと普通なペースかもしれません。

植物でも花を咲かせるまで7年くらいかかるものもあります。

ただ、ここまで継続されるには本人の意志の力が必要になってきます。

また、逆には習慣化しすぎて、本人のこころの安定にはなるけれど

変化を望む場合は明確な意図をしておく必要があるかもしれません。

 

 

それ以上は

それなりに個人によってその年数が必要という方もいると思います。

 

 

きっちりフラワーエッセンス療法に取り組まれるのなら

一年ぐらいは継続されるといいと思います。

(それはセッションを半年に1回とかではなく、回数的には3週間〜4週間おきのペースで)

いろいろ複雑なケースの方なら一年では終わらず

数年ということもあります。

ただ、一年くらいごとに振り返りをしてもらったりするので

節目を作ることである段階にステップできるようにしています。

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ