夏のって、すでに夏も終わりかけておりますが、まだまだ暑いので

書こうと思いつつ書けていなかった大切なことを。

 

夏場、25〜40℃で湿度75%以上になると食中毒菌が増殖しやすくなるそうです。

 

私も夏に食あたりしたことが何度かあり、実は今年もありました。

私の場合はですけど、おそらく魚だったようで(お寿司を食べたので)

数日、ずっと腹痛がきつく、下痢嘔吐はほとんどないので

痛みがつらく、後半は熱が少し出ました。

下痢は少しだけ。

数日たつとよくなりました。

 

たいていは魚や肉、あとは生もの、ポテトサラダからO157が検出されたように

マヨネーズを使ったものはけっこう気を付けないといけません。

昔、ツナマヨのおにぎりであたりました(:_;)

 

で、水はどうかということですが、

日本で売られているミネラルウォーターはすでに保存料が添加されています。

(日本で販売されるときの決まりで)

未開封だとまあまあ保てるかなと思いますが、

口につけたペットボトルの水は翌日には細菌がけっこう増えているということです。

 

水を考えるプロジェクト調査

 

さて、フラワーエッセンスも自分で作る服用ボトル(希釈されたドースボトル)

はいかがでしょうか?

 

服用ボトルは通常、ブランデーなどの保存料を4分の1から半分いれます。

残りはミネラルウォーターを入れます。

一日数回飲むため、冷蔵庫などには入れずに

常温で保存しています。

 

私は4週間以内に使用するようにお伝えしておりますが、

数か月飲み続けているような方がたまにおります。

 

イギリスのような場所なら夏も20℃程度だったりして、

日本の高温多湿な夏とは違い、すぐに腐るということはないかもしれません。

 

夏だったら保存料を入れていても3週間程度で使用するほうがいいかもしれません。

何度も開け閉めするということはそれだけ雑菌も入りやすくなります。

口に直接つけないのは原則です。

 

まあ、なかなかフラワーエッセンスの水であたったという報告はないとは思いますが。

 

また、同じ腐ったものや細菌が入ったものを口にしても、食あたりの症状が出る人と

出ない人、症状が軽くてすむ人もいます。

子どもやお年寄りはそのあたり出やすいと思いますので、注意が必要です。

 

決してもったいないと思わずに

3、4週間たったら残っていても中身を捨てて、作り直してください。

あるいは飲んでいて、味がおかしいと思ったらすぐに。

また、気になるようでしたら夏はミスティングボトルで使用してもよいでしょう。

 

私のセッションを受けている方は

ボトルを持参していただければ1回は無料で同じブレンドで作ります。

遠方の方はボトルと送料代負担いただければ送ります。

遠慮せずにおっしゃってください。

※一カ月以内でお願いします。

 

水について調べていると

水に振動を加えるとなかなか腐らないというのがよく書かれています。

だから、船や車に積んである水とか。

 

実験している人もいました。

実験としては振動させたほうが腐敗が少ないということでしたけど。

 

決して腐らないというわけではないと思いますが、

服用ボトルを飲むときに活性化といって、

手で振動を加えるのをいつもやってもらっているので

それをやっている方はもしかしたら腐敗しにくいかもしれません。

 

 

9月は6月よりも雨量が多いとされています。

去年だったかおととしだったか、ずっと9月が雨だったときが

ありましたよね。

そういうときは食中毒警報も出やすいです。

なので、服用ボトルを作って服用されている方はお気をつけくださいませ。

 

自分で作っている人は

次に同じブレンドで作るときもボトルを煮沸消毒してから

作ってくださいね。

 

 

 

受付中

【東京】9/9「植物へのまなざしを育てる」初秋の植物観察会

【東京】9/8〜12個人セッション

【高松・期間限定】夏の癒しアロマ(ヒーリングコスメとトリートメント)

【高松】9/28秋の植物散歩とフラワーエッセンス交流会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ