秋が少しずつ深まりつつあります。

人生の秋といえば、更年期。

 

私が若いときは更年期という年齢になると必ず体調が悪くなるのでは??

と思っておりました。

 

更年期といっても人によって様々ですが。

私の場合は、閉経後、閉経前に比べたら、

まったく体調がいいとはいえないかもしれませんが、

かなり楽です。

閉経前のホルモンに影響されまくりの時期に比べたら

どれだけのエネルギーが使えるようになったことでしょうか。

 

私はずいぶん若いときから困難症だったこともあり、

(基本、子宮の大きさが大きめで、後屈気味らしい)

機能的なところからも、だいぶ毎月体調がよくなかったのですけど

よく言われるような閉経後のウツやホットフラッシュなどは

ほとんどありません。

 

そもそも今のライフスタイルはホルモン様の成分が食事から

入ってくることも避けられず、エストロゲン過多になりやすい

というのもあるのかもしれません。

 

胃腸の調子が以前より、弱くなりましたが、

更年期は怖れるものではなく、

むしろ、自分がやりたいことのために使えるエネルギーが増える

チャンスがようやく訪れたという感じがします。

 

ここでそのエネルギーを使って

いろんなことに熱中される方もいらっしゃると思います。

趣味のこと、アイドルやスター、もろもろ。

 

今は人生が少なくとも80〜90年とみて、

20〜40年くらいは閉経後あります。

 

 

42歳あたりで、天王星のハーフリターンとして中年の危機と呼ばれる時期があります。

この頃に人生の見直しをして、

後半の人生に何がやりたいのかビジョンをあらたにしていきます。

 

閉経はだいたい49〜55歳くらいかと思うので、

土星期までの間です。

土星期は56歳くらいからなので、

それまでに確立したいこと、あるいは自分の生き方を再構築して

エネルギーを注ぎたいと思うことができるように調整していく感じではないかと思います。

 

もっとも若いときほどの俊敏な動きやスタミナはないかもしれませんが、

体力維持はできますよね。

 

若いときと同じライフスタイルを変わらず送ることはできないかもしれませんが、

更年期、閉経後の女性が誰かのために自分の人生を使っていくのではなく、

自分のために使っていけることを主として生きていけることを目標にできたらいいですね。

そしてやりたいことが社会のために役立っていくことが理想です。

 

 

閉経までまだまだという方に言いたいのは

更年期は自分が生まれ変わるためのチャンスであり、

もっとエネルギーを使っていける時期にさしかかるということです。

 

そのためにやはり意識的に自分の人生についてみていくことは必要かと思います。

 

 

更年期の時期に使えるフラワーレメディーはたくさんあります。

どうぞご相談ください。

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション

【高松】参加無料・9/28秋の植物散歩とフラワーエッセンス交流会

【高松】10/27〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ