私はアロマトリートメントをおこなうようになって20年以上になります。

だからといって、自分のことをゴッドハンドとは思っていません。

 

ただただ、細々と続けてきただけです。

いろんな方から学ぶ機会もあり、ほぼ私独自の感じかもしれません。

 

現在、昔のアロマブームからすると、アロマの方向性が変化してきているように感じます。

メディカルハーブを学んでいる人が多いこともあり、

アロマも自分で使っていくことを学んだり、教えたりが目立つような。

トリートメントは学ぶのも高額だし、これを習得したからといって

独立してやっていけるかというと難しい時代になっています。

 

 

トリートメントのイメージは医療系でほんの一部使われるところはあるかもしれませんが

ほぼ、リラクゼーションなので組み合わせでされている方が多いかもしれません。

 

ただ、本当に人によってどのようなトリートメントをおこなっているかはまちまちですよね。

 

私のトリートメントはボディワークのような肉体を中心としたケアではありますが、

自分が好きで通っていたアロマの先生はエネルギーワークとあわせていたのが

とてもよかったので、私がやりたい方向性としては肉体も含めたエネルギーのケアを

植物を使っておこなうということです。

 

ただのマッサージやボディワークとまったく違う点はやはり

薬草ありきのトリートメントであること。

だから精油のみならず、薬草のオイルをベースに使ったり、

フラワーエッセンスを使います。

最近は学び始めたハンズオンヒーリングを少し取り入れています。

 

あとは近年、アジアの伝統的なマッサージなど自分が受ける機会が増え、

西洋的なアプローチよりも気持ちよさと満足度が高いので

取り入れていきたい感じではあります。

 

個人サロンならではかと思うのは

セッションの準備からお迎え、カウンセリング、施術、お帰りまで

その方にあわせて一番ベストなことをおこなうということにも

心を配っています。

 

 

前置き長くなりましたが(^^;)

先日、かなり遠く海を渡ってトリートメントを受けてくださった方から

久しぶりにアロマの感想をいただきましたので本人の了解を得て、紹介させていただきます。

 

 

★ ★

 

千恵さま
昨日はどうもありがとうございました。
お会い出来て嬉しかったです。
 
「優しく撫でさする」というアロマトリートメントと違って、
しっかりほぐしてもらった感がありつつアロマトリートメントの優しさもあり、
なんというか、目からウロコの感じでした。
 
このくらいやってあげた方が、お客さまの満足度は高いかもしれないなぁと。
アロマの施術も、よりよいものを提供できるよう研究したいなと思いました。
 
また、ラベンダーのフラワーエッセンスで頭に触れられた時は、
やっぱり深いところにエネルギーが伝わるというか、
自分の深いところが静かになるのを感じ、じーんとして涙が出ました。
  
フラワーエッセンスとアロマトリートメントの組み合わせ、素晴らしいですね!
  
M様
   
Mさま、ありがとうございました(*^-^*)
彼女自身もアロマをされています。
  
トリートメントには日本のモミとショウガ、南フランスのラベンダー・メイレットを使用したので
フラワーエッセンスもラベンダーを使いました。
  
自分ではよくわかりませんが、
ヒーリングを加えるようになってから、
よくトリートメントさせてもらっている友人からは
「絶対、ヒーリング入れた方がいい、全然違う!」
とフィードバックをいただき、
確かに、トリートメントの後にちょっとエネルギーをいれてみると
スッと入っていくような感じがあります。
   
ということで、こんなに長くやってても
まだ進化していく余地は十分ありそうです(^_^.)
   
受付中   
  

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京